防水工事

バルコニー、陸屋根防水工事・外壁コーキング工事

建物を維持していくうえで一番重要なのは、内部に水を侵入させないことです。

何らかの理由により一時的に水に濡れた場合なら、徐々に乾燥するので大きな問題にはなりませんが、常に水が浸入している状態が続くと、内部の重要な柱や梁が腐り、建物の強度が下がり地震や台風によって建物が倒壊する恐れが出てきます。​また、カビやダニの発生により、住んでいる人の健康を脅かす可能性もあります。

漏水する可能性がある箇所は建物の構造や施工方法によって多岐に渡りますが、多くはバルコニー周りとコーキングの亀裂からの雨漏りが大部分です。

また陸屋根の場合、一般的な寄棟や切妻の屋根と違い、構造的に一番雨漏りが起こりやすい箇所です。

通常10年程度で劣化し、ヒビや割れが発生し漏水の可能性が大きくなります。

​普段気にして見てないと思いますが、改めて確認すると思いがけず劣化が進んでいる場合がほとんどです。

​築10年を超えると知らない間に亀裂が出始めてきますので、早めの施工をお勧めします。

 

防水工事

バルコニー、陸屋根防水工事・外壁コーキング工事

建物を維持していく上で一番重要なのは、内部に水を侵入させないことです。

何らかの理由により一時的に水に濡れた場合なら、徐々に乾燥するので大きな問題にはなりませんが、常に水が浸入している状態が続くと、内部の重要な柱や梁が腐り、建物の強度が下がり地震や台風によって建物が倒壊する恐れが出てきます。​また、カビやダニの発生により、住んでいる人の健康を脅かす可能性もあります。

​そんなリスクをなくすためには。定期的に防水工事をする必要があります。

漏水する可能性がある箇所は建物の構造や施工方法によって多岐に渡りますが、多くはバルコニー周りとコーキングの亀裂からの雨漏りが大部分です。また陸屋根の場合、一般的な寄棟や切妻の屋根と違い、構造的に一番雨漏りが起こりやすい箇所です。

通常は10年程度で劣化し、ヒビや割れが発生し漏水の可能性が大きくなってきます。

​普段気にして見てないと思いますが、改めて確認すると思いがけず劣化が進んでいる場合がほとんどなのです。

​築10年を超えると知らない間に亀裂が出始めてきますので、早めの施工をお勧めします。