​バルコニー防水

本来バルコニーは構造上の問題から雨漏りが発生しやすく、以前は一般住宅への施工はNGと言われてきましたが、防水技術の進歩により最近ではほとんどの住宅に採用されています。

一昔前まではシート防水が一般的でしたが、現在ではより防水性能の高いFRP防水の普及により、最近の新築には多くの建物で採用されています。

その他にもウレタン防水等の防水処理があり、それぞれメリット、デメリットがありますが、どちらにしても経年劣化によって雨漏りが発生するで、定期的なメンテナンスが必要です。

ここで重要なのが、防水工事は知識と経験のある防水専門業者による施工です。

一般の方は塗装業者と防水業者は同様に考えがちですが、長期に渡って雨漏りさせないためには専門の知識と技術が必要です。

​塗装業者でも一部の防水工事を行っていたりしますが、防水処理の専門知識がない場合が多く、そのため適切な防水処理が行われていなかったり、自信のなさから保証もないことが多いのです。

単にきれいに仕上がればいいのではなく、雨漏りをさせないことが目的の防水工事です。

​せっかくお金をかけたのに、しばらくして雨漏りしたら意味がないですからね。

​ハウスケアでは、お客様のお宅のバルコニー防水の施工法と現状の状態を確認し、長期に渡って不安のない最適な対応方法をご提案。

高度な技術と経験のある職人による施工を行っています。