太陽光発電

地球温暖化等の問題等により再生可能エネルギー普及が叫ばれて久しいですが、現在では太陽光発電は多くのお宅に採用されています。

太陽光発電はの普及は、その理由として環境への貢献はもとより、

収益が見込めるものだからです。

その前提として、毎年設置費用に対して10年で回収できる売電価格を試算した上でその年ごとに設定、また10年間は固定して買い取ってくれることを国が保証してくれています。

また、太陽光発電のパネル自体は10年で発電しなくなってしまうものではなく、通常20~30年は問題なく発電します。

ちなみに長崎県尾上島灯台の太陽電池は1966年に設置され、現役で故障なく稼働しています。

基本的に太陽光発電パネルは急に発電しなくなってしまうものではなく、徐々に発電量が低下するもので、パネルの種類によって20年で5~20%の出力低下と言われています。

また、周辺機器のパワコンも保証期間が年々長くなり15~20年となっているため、余分な出費がなく継続して発電し利益を生み続けてくれます。

「売電価格が年々低くなってきているので、設置のメリットが少なくなっている」との声もありますが、その分前途したように設置費用を10年で回収できるように試算したものなので、当然設置費用が安くなってきていますので、太陽光発電の導入がしやすくなっているとも言えます。

太陽光発電を設置する際には、「余剰電力買取制度」と呼ばれる一般家庭向けのものと、「全量買取制度」と呼ばれる産業用のものの2つの買取制度があります。

「余剰電力買取制度」は10kw未満のものが対象で、家庭で消費し余った電力を売る制度で、買取期間は10年間です。

対して「全量買取制度」は10kw以上が対象で、余剰電力買取制度と同様に、余った電力を売るか発電した電力を全て売るかを選べ

買取期間は20年間となっています。

しかし、長期間買い取ってくれますが、売電価格は10kw未満のものよりも低い設定となっています。

一般住宅の屋根に載せられる太陽光パネルの出力は、基本的に4~6kw程度のため、ほとんどの家庭では余剰電力を売ることになります。

ただし、広い屋根があるときや、屋根だけでなくカーポートの屋根にもパネルを設置するなどして総出力を10kw以上にすれば全量買取制度の利用が可能です。

10kw以上設置できれば20年間は売電価格は保証されているので、長期間の安定した収益が見込め導入も安心です。

ハウスケアでは​一般的な屋根への太陽光発電の施工はもとより、カーポートへの太陽光発電の施工も数多く行ってきております。

太陽光発電とは別に、カーポートを設置したい方にとって敷地等の条件にもよりますが、太陽光発電を導入することで、カーポートの施工費用の負担なく設置できたりします。

カーポートの施工費用を太陽光発電の収益によって賄う形です。

​また、遊休地や使われなくなった農地等への太陽光発電の設置や、工場や倉庫等への設置も行っています。

何も生み出さなかった土地やスペースが太陽光発電所になることで、収入を生み出すします。

「太陽光発電を設置したが失敗した」と言われることがあります。

これは悪徳業者等によって高額で設置した場合や、メリットだけを伝えられ認識していた内容が実際と違った場合等に起こります。

ハウスケアではお安く提供しており、また詳しくご説明させて頂いておりますので、​興味のある方はお気軽にご相談下さい。