オール電化

オール電化住宅とは、調理・空調・電気・給湯などの熱源を全て電気で賄っている住宅のことをいいます。

ガス代がかからず電気のみを使うため、安全性の高いオール電化。

導入を迷っている方も多いのではないでしょうか。

ガス併用住宅の場合は、ガス・電気それぞれに基本使用料がかかりますが、オール電化の場合は電気の基本使用料のみとなるので、基本使用料を一本化できるぶん節約ができます。

特にエコキュートは効率が良いため、ガス給湯器からの変更により

光熱費は大幅に削減されます。

またオール電化向けの電気料金プランは、夜間時間帯の電気の単価がとても割安に設定されているため、夜間にお湯を沸かすエコキュートは更にお得になります。

​この他にも災害時、水道が止まった時にはタンクの水を使用できるというメリットもあります。

​IHクッキングヒーターは火を使わないため火災に対しての安全性が高く、ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がないという安全面があります。

​小さいお子様がいたり、年配の方いられるご家庭では安心ですね。

また、日々のお掃除が簡単なので奥様には人気の製品です。

ガス機器が古くなっていたり故障気味の場合、初期投資金額は高くなってしまいますが、再度ガス機器で交換するよりもお得です。

例えば使用年数を10年として、10年のローンを組んだとした場合、月々のローン代と光熱費が削減された金額変わらない事が多いのです。

つまり、訪問販売業者がよく言う「タダで付けれますよ!」というフレーズは基本的にウソではありません。

また、家族が多かったり、使用量が多く光熱費が高いお宅の場合、オール電化への変更は光熱費が安くなった分で十分元が取れ、逆にかなりの金額が浮いてくることも多々あります。

ハウスケアでは、導入に際してのシミュレーションを行っていますので、お気軽にご相談下さい。​

全てを電気製品に換えオール電化に変更することでメリットは多々ありますが、ハウスケアでは全てのお客様にお勧めしているわけではありません。

ガスコンロでの調理に拘りがあったり、お客様それぞれのお考えがあることを理解しておりますので、オール電化への変更を強くお勧めすることはしておりません。

メリット、デメリットをご説明したうえで、納得して頂いたお客様に施工して頂いております。

このため、単独でエコキュートのみ施工や、IHクッキングヒーターのみの施工も行っています。

​また、再度ガス機器での入れ替えも行っていますので、ぜひご相談下さい。